ここから本文です

ハエ大発生で「地獄」の惨状に追い打ち、パキスタンの大都市カラチ

9/9(月) 10:45配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月9日 AFP】パキスタン経済の中心都市カラチ(Karachi)では、住民らによれば記録的な数のハエが雨期(モンスーン)に伴って発生し、「地獄」のような雨期の惨状に追い打ちをかけている。

 2000万人の人口を抱える港湾都市カラチは、豪雨により数週間にわたって水浸しとなっており、もともと粗悪な排水溝が未回収のごみの山で詰まり、未処理の下水が各所であふれ出している。

 カラチの住民であるアブドゥル・アジズ(Abdul Aziz)さん(45)はAFPの取材に対し、「こんなにすさまじくハエが出現する事態は、これまで見たことがない」と指摘。「市場ではハエの大群が食べ物を覆い尽くしている。ぞっとするよ。果物もハエに覆われてしまってその下が見えないよ」と語った。

 スルジャニ(Surjani)の街の市場では、精肉業者のザーヒド・アリ(Zahid Ali)さんは、辺りがハエたちにのみ込まれたかのような状況を見つめながら、「客がやって来ても、ハエの大群をみると衝動的に立ち去っていく」と話し、市場で働いている人々の中で病人が増えていると説明した。

 保健衛生分野における活動家で、同市の著名な外科医でもあるシェールシャー・サイード(Shershah Syed) 氏は、ハエと蚊によって数多くの疾病が増加傾向にあると指摘。「雨水が流れず、ごみの山が処理されないので、今回の(ハエによる)事態はこれまでで最悪なものだ」と話し、「下痢や赤痢で入院する子どもの数が今年、数倍も急増している。子どもはハエがもたらす病気に弱く、その数が約10倍上昇した」と説明した。

 カラチは同国全体の6割を占める経済規模を誇るものの、老朽化したインフラ、違法建築、欠陥だらけの公共事業などに長い間さらされてきた。

 英誌エコノミスト(Economist)の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」は今週発表したランキングで、世界の最も住みにくい都市として、紛争下にあるリビアの首都トリポリや、ベネズエラの首都カラカスと並んでカラチを挙げている。

 映像は2日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/9(月) 10:45
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事