ここから本文です

台風15号 東北や関東の一部は昼過ぎまで暴風域内 暴風、土砂災害、河川の増水・氾濫に厳重警戒

9/9(月) 11:20配信

ウェザーマップ

 強い台風15号は関東の東の海上に抜けたが、海上では猛烈な風が吹いている。東北と関東の一部は、きょう9日(月)昼過ぎにかけて暴風域に入る見込み。関東や東北では暴風、土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、高波に警戒が必要だ。

 強い台風15号は、9日午前10時には水戸市の東およそ60キロの海上を、1時間に30キロの速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心の南東側90キロ以内と北西側70キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。
 台風は、関東の東の海上に抜けたが、東北と関東の一部は、9日昼過ぎにかけて暴風域に入る見込み。台風はその後も北東へ進み、日本から次第に遠ざかる予想となっている。

暴風・高波

 関東では、千葉市で9日明け方に最大風速35.9メートル、最大瞬間風速57.5メートルの猛烈な風が吹くなど、各地で観測史上1位の最大風速や最大瞬間風速を観測した。
 9日昼過ぎにかけて、東北太平洋側の海上では猛烈な風、関東の海上では非常に強い風が吹き、9日夕方にかけて大しけとなる所がある見通し。暴風に厳重に警戒するとともに、うねりを伴った高波に警戒が必要だ。

大雨・雷・突風

 東北と関東北部では、雷を伴い非常に激しい雨の降っている所がある。関東の大雨の峠は越えつつあるが、東北では、9日夕方まで局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。これまでの大雨で、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所があり、洪水の危険度の高まっている河川がある。あす10日(火)昼までに予想される雨量は、東北の多い所で80ミリ。

最終更新:9/9(月) 11:39
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事