ここから本文です

豊島将之王位が2時間32分の大長考で封じ手 木村一基九段、巻き返しの1勝なるか/将棋・王位戦七番勝負

9/9(月) 18:40配信

AbemaTIMES

 将棋の王位戦七番勝負第6局が9月9日、神奈川県秦野市「元湯 陣屋」で行われ、初防衛に王手をかけている豊島将之王位(名人、29)が36手目を封じて、1日目が終了した。明日10日、2日目が午前9時から始まり、初タイトルを目指す木村一基九段(46)の手番から再開する。

 豊島王位の3勝2敗で迎えた第6局は、木村九段の先手で始まり、相掛かりの出だしに。同シリーズでは、豊島王位が序盤からテンポよく指し進め、持ち時間でリードする展開が続いたが、本局では封じ手となった36手目に豊島王位が2時間32分の大長考。逆に木村九段が、持ち時間では1時間以上リードする形で1日目を終えた。

 過去の両者の対戦成績は、豊島王位が直近2連勝中で、9勝7敗とリード。本局の持ち時間は各8時間の2日制。

【封じ手時点での残り持ち時間】

豊島将之王位 3時間35分(消費4時間25分) 木村一基九段 4時間45分(消費3時間15分)

最終更新:9/9(月) 18:40
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事