ここから本文です

なぜお金持ちと友人になると「お金持ちになってしまう」のか

9/9(月) 20:45配信

LIMO

「お金持ちと仲良くしたい! でも、どこにいるかもわからないし、第一相手にしてもらえると思えない。どうすればお金持ちと知り合えるんだろう?」もしかしたらこれを読んでいるあなたも、そのように考えていませんか? 

お金持ちと懇意になれば、自然にお金持ち体質になります。まるでスピリチュアル的で怪しげな話ですが、「類は友を呼ぶ」「同気相求む」とことわざにある通り、人間は環境で作られる生き物。良くも悪くも、周囲の環境から多大なる影響を受けてしまうのです。

今回の記事では、その環境の影響を上手に活用することで、お金持ちからポジティブな影響を受ける方法をご紹介します。

お金持ちとフツーの人を分ける 「情報力」 の差とは?

お金持ちとフツーの人は何が違うのか? それはズバリ「情報力」の差です。まずはこの点を理解しましょう。

インターネットが世の中に誕生したことで、その気になれば世界中の情報を誰でも手に入れる事が出来るようにみえました。が、実際にはその逆の現象が発生しました。その現象を「デジタルデバイド」と呼び、ネットが上手に使える人とネットがうまく使えない人とで「情報力」に差がついてしまったのです。

「スマートフォンを持っている自分は情弱などではない!」と反論が返ってきそうですね。しかし、ネットがつながる日本人の間でも、人によって情報力に大きな差があるのです。それはネット上には一切出てこない、お金持ち同士で共有されている情報というのがあるのです。

いつの時代も、とっておきの情報は人が持っているものです。

お金持ちには儲け話が集まる

お金持ちはお金持ち同士で集まり、マネーの情報交換をするものです。まるで漫画のような話ですが、そのような行為は彼らにとってメリットがあります。

あなたは「お金持ちには儲け話が、一般人には詐欺話がやってくる」という話を聞いたことはありませんか? お金をものすごく持っているわけではない、フツーの人へ「とっておきの儲かる情報」を与えても、相手は得をすることが少ないです。非道徳的な話をするならば、一般人は得させるより、騙す方が話をする側にとってはメリットがあります。

しかし、お金持ちはそうではありません。彼らはたくさんの人脈やビジネス、資産、そして情報を持っています。その気になれば、お金持ちを騙すことは出来るかもしれませんが、たった一度だけ彼らから金銭的メリットを得ても、その後はもう信用してもらえなくなってしまいます。ですが、彼らに誠実にメリットを与えるなら、彼らから「お返し」を何度も何度も受け取ることが出来るのです。

お金持ちは騙すより、誠実に価値を提供する方がトータルのリターンが大きいのです。これが「お金持ちには儲け話が集まる」という合理的根拠です。

1/3ページ

最終更新:9/9(月) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事