ここから本文です

滝クリに続き、朋ちゃんも高齢出産!体験したママにメリット・デメリット聞いてみた

9/9(月) 12:10配信

LIMO

滝川クリステルさんが自民党の小泉進次郎衆議院議員と電撃結婚、そして妊娠していることがニュースになりましたね! 現在41歳、年明けに42歳で初産になると話題になっています。

この場合は高齢出産となりますが、高齢出産の定義をご存知ですか? 35歳以上で出産することを指しますが、実際のところはどうなのでしょう? まず、どんな人たちが高齢出産をしているのか見ていきましょう。

著名人の高齢出産&実際の高齢出産って?

著名人では、先ほどの滝クリさんをはじめ、菅野美穂さんが41歳、永作博美さんは42歳で第二子を出産、華原朋美さんは45歳で出産しています。海外だと、ジャネット・ジャクソンは、なんと50歳で初産です。

筆者の身近なところでも、高齢出産で赤ちゃんを産んだ人が2人います。A子さんは、20代で結婚するもずっと子供がいないご夫婦の奥さんでした。「このまま夫婦2人なのかな?」と思っていたら、40歳で長女を出産、間髪入れずに2人目なる長男も出産しました。もう上の子は小学校1年生で、姉弟2人で良く遊んでいます。

あともう1人、B子さんは最近では授かり婚、昔でいう出来ちゃった結婚です。独身貴族を謳歌し「まず結婚しないだろう」と思っていた彼女から「結婚する」ときいたときは、青天の霹靂でした。彼女は身内なので「これで孤独死しないで済むわ」とちょっと胸をなでおろした経緯もあります。(笑)

高齢出産のメリットは?

高齢出産をした、どちらのお母さん(A子さん、B子さん)にも共通するには、育児にも生活(金銭的・社会的)にも「余裕」を感じます。どんなところが「余裕」なのかというと…。

第1に、遊びつくした、大体やりたいことはやってきたという精神的余裕があるので、子育てに関して、あまりガツガツしていません。マイペースで、あたふたする場面が少なく感じます。20代の出産は、まだまだ周りの友達が遊んでいて「どうして自分だけ育児に翻弄されなきゃいけないんだろう」と切なくなってしまう時があるものです。また、そのやりきれなさを子供に託すこともあります。また、自分の基準に自信が持てないので周りのいうことや、やっていることを見て「自分もそうしなきゃ!」と右往左往することもしばしばあります。

でも、B子さんは全然そんな素振りは見せず、子どもの習い事も得にやらせようという気がありません。「自分の興味のあるものができたら、その時でいいじゃん」と全く慌てふためく様子はありません。「自分は、仕事や趣味でやりたいことはやってきた。子供も自分で見つけていくから大丈夫」というその経験が焦燥を生まないのだと思います。

第2に、それなりに働いてきているのでキャリアも積んで金銭的余裕もあるのも落ち着いている理由だと思います。キャリアも積んできているので、B子さんの復職はスムースでした。一方、A子さんは出産を機に専業主婦になりましたが、ママ友とも仲良く楽しく過ごしています。

また、姪っ子や甥っ子の面倒を見た経験もある場合は、おむつの替え方、ミルクのあげ方など実は手馴れていたりすることもあります。

1/2ページ

最終更新:9/9(月) 14:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事