ここから本文です

「無礼」発言の河野外相、防衛相就任か

9/9(月) 7:28配信

ハンギョレ新聞

産経新聞「安倍、河野起用を検討」 輸出規制主導の経済産業相も交代説 安倍の最側近・加藤勝信氏か

 駐日韓国大使に「無礼だ」と発言した河野太郎外相が防衛相に起用される可能性があると日本のマスコミが報じた。

 産経新聞は8日、匿名の複数の関係者の言葉を引用して、安倍晋三首相が11日の内閣改造で河野外相を防衛相に起用する案を検討していると報道した。同紙は、安倍首相が河野外相の「毅然とした対応を(高く)評価している」と伝えた。また、「河野外相がマイク・ポンペオ米国務長官と厚い信頼関係を築いてきた」とし、「河野外相を防衛相に起用し、不協和音が大きくなっている韓日米安全保障協力の強化を図る狙いもある」と伝えた。

 2017年8月に外相に就任した河野は、昨年10月に韓国最高裁判所(大法院)が強制動員被害賠償判決を確定すると、韓国が国際法違反状態を作ったという談話を発表し、7月にはナム・グヮンピョ駐日韓国大使を招致した席で、韓国大使の言葉を途中で遮って「無礼だ」と発言した。岩屋毅現防衛相は、韓国との安保協力は重要だという立場を表明してきており、6月にはアジア安全保障会議(シャングリラ対話)の際にチョン・ギョンドゥ国防長官と笑って握手する姿を日本の保守派が攻撃し、交代説が流れた。

 新しい外相としては、茂木俊光経済再生担当相を起用する方向で固まったと日本経済新聞が伝えた。茂木経済再生担当相は官僚掌握力が優れていることで知られており、最近では日米貿易交渉で大きな枠組みの合意を導き出した。安倍首相の信任が厚く、「ポスト安倍」候補の一人に挙げられる。安倍首相が所属する右翼団体「日本会議」傘下の「日本会議国会議員懇談会」の会員だ。

 韓国に対する輸出規制政策を主導した世耕弘成経済産業相は交代する方向で調整されており、後任には安倍首相に近い加藤勝信自民党総務会長が挙げられている。

東京/チョ・ギウォン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:9/9(月) 7:28
ハンギョレ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事