ここから本文です

開幕目前!氣志團万博2019で聴きたい曲5選

9/9(月) 18:02配信

OKMusic

いよいよ今週末に迫ってきました『氣志團万博』! 彼らの地元・千葉県木更津市に程近い袖ヶ浦海浜公園にて、2012年よりフェス形式で行なわれるようになった同イベント。毎年、異ジャンル乱れ混じるラインナップが話題になっていますが、その面子がまた豪華なのですよ! ド肝を抜いた、矢沢永吉・和田アキ子・郷ひろみの三巨頭を筆頭に、ここでだから実現する、そんな期待で毎年わくわくしながら出演アーティストの発表を横目で気にしております(笑)。どんな様子だったかは次週にお任せするとして、“万博初心者にもオススメなこれが聴きたい”という5曲をピックアップ!

「令和」(’19)/ゴールデンボンバー

なんと、今年で氣志團万博7回目の出場となるゴールデンボンバー。個人的には氣志團とゴールデンボンバーって同じようなポジションに感じていて、それは初めて観る人でも誰もが必ず楽しめる!ということ。これねぇ、フェスにとっては大事なことよ、ほんとに。来てよかった、楽しかった♪って思わせてくれる存在だと思います。そんな彼らの代表曲「女々しくて」や「抱きしめてシュヴァルツ」はもちろん聴きたいけれど、今年はやっぱりね、せっかくなら「令和」で楽しまなきゃ♪ 4月1日の新元号発表当日には早くもこの曲のMVが公開され、音源も先行配信。戦略的でありながら、その発想やそこに至る努力を思うと感心極まりない! ゆえに、海浜公園に集まった何万の人が“令和~♪”と踊る姿を想像すると、今からわくわくでいっぱいなのです。

「抱きしめてTONIGHT」(’88)/田原俊彦

トシちゃんですよ! いや~、正直観たい。スーパーアイドルだったトシちゃんも現在58歳。ただ、今でも脚が高く上がり、ダンスはキレッキレだというのだから、そりゃあ観てみたいでしょ。数年前に郷ひろみのコンサートに行ってみたところ、その動きと、幾つになってもファンを魅了させて楽しませることに全てを集中させた“ショー”に感動すら覚えたのだけれど、トシちゃんにもまさに同じものを感じるなと。そして、それが同じくジャニーズ出身というところに、先日のお別れ会で何人もが口にしていたジャニーさんの精神“SHOW MUST GO ON”ということなんじゃないかと勝手に気付いてみたりして。今回、万博のサブタイトルに“びんびん物語”と付いているってことはもちろん、やらないわけがないですよね、「抱きしめてTONIGHT」を。野外の空間にあの前奏が流れるのはカッコ良すぎて震えそう!

1/3ページ

最終更新:9/9(月) 23:33
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事