ここから本文です

ナポリ、レアル・マドリー関心のファビアン・ルイスと新契約締結へ

9/9(月) 16:25配信

超WORLDサッカー!

ナポリが、スペイン代表MFファビアン・ルイス(23)と新契約締結を結ぶようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

ベティス下部組織出身のファビアン・ルイスは2014年9月にプロデビューを飾ると、昨夏に移籍金3000万ユーロ(約35億7000万円)でナポリへ加入。優れたパスセンスや球際の強さ、運動量を武器に公式戦40試合7ゴール3アシストを記録し、今シーズンもここまでのセリエA2試合に出場している。

そのファビアン・ルイス慰留に努めるナポリは、2023年6月までとなっている契約の更新に動き、250万ユーロ(約3億円)+ボーナスという年俸で合意に至った模様。17日に行われるチャンピオンズリーグのリバプール戦後に公式発表されると見込まれている。

今夏には、レアル・マドリーから移籍金4500万ユーロ(約53億5000万円)のオファーを提示されていたとされるファビアン・ルイス。ナポリは、新契約には解除金を設定しないことで、他クラブからのオファーを牽制する狙いがあるようだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/9(月) 16:25
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事