ここから本文です

フェイエ前指揮官ジオが『シティFCグループ』で働いていることが判明! 今後横浜FMへの研修の可能性も…

9/9(月) 18:50配信

超WORLDサッカー!

昨シーズン限りでフェイエノールトの指揮官を退任したジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏(44)が、マンチェスター・シティで働いていることが判明した。オランダ『テレグラフ』が報じている。

現役時代に元オランダ代表DFとしてアーセナルやバルセロナで活躍した“ジオ”の愛称で知られるファン・ブロンクホルスト氏。2015年からは古巣フェイエノールトの指揮を執ってきたが、昨シーズン限りで退任していた。

現在、フリーと見られていたファン・ブロンクホルスト氏だが、現在はマンチェスター・シティらを傘下に置く『シティ・フットボール・グループ』で働いていることが判明した。

『テレグラフ』が伝えるところによれば、ファン・ブロンクホルスト氏はここ最近、シティのホームスタジアムであるエティハド・スタジアムやトレーニング施設で頻繁に目撃されていたという。

当初は世界的名将であるジョゼップ・グアルディオラ監督の指導方法を学ぶためと思われていたが、実際には今夏初旬から『シティ・フットボール・グループ』でインターンシップのような形で働いていたようだ。ただ、平穏を望むファン・ブロンクホルスト氏はこの事実を公表しないように働きかけていたとのことだ。

なお、『シティ・フットボール・グループ』の上層部は、今回のインターンシップを通じてファン・ブロンクホルスト氏に対して、グアルディオラ監督の指導方法や同グループが持つマネジメントのノウハウなどを提供し、指導者や経営者としての成長を助ける狙いがあるという。

これまで同グループではそういった指導者育成を行ったことはなかったが、ファン・ブロンクホルスト氏が現役時代にバルセロナでのプレー経験がある点や選手、指導者として豊富な経験を持っていることを評価し、ヨーロッパの指導者として初めてインターンとして受け入れることを決めたという。

なお、『シティ・フットボール・グループ』の上層部はファン・ブロンクホルスト氏に対して、マンチェスター・シティ以外の系列クラブであるメルボルン・シティFC(オーストラリア)、ニューヨーク・シティFC(アメリカ)、横浜F・マリノス(日本)などへの視察や研修を行わせる意向を持っているとのことだ。

また、『テレグラフ』は今後のファン・ブロンクホルスト氏の去就に関して言及していないものの、一連の研修が完了したあかつきにはマンチェスター・シティのコーチングスタッフ入りや、グアルディオラ監督の後継者就任などの可能性もあるかもしれない。

フェイエノールトでプロキャリアをスタートしたファン・ブロンクホルスト氏は、アーセナルやバルセロナを経て、2007年に復帰した古巣で2010年に現役引退。その翌年から2015年までトップチームのアシスタントコーチに就任した同氏は、2015年終盤に新監督に就任した。

監督としては就任実質1年目となった2015-16シーズンにKNVBカップ制覇を果たすと、翌2016-17シーズンには元オランダ代表FWディルク・カイトらの活躍によって1998-99シーズン以来、18年ぶり15度目の優勝を成し遂げた。一季はリーグ戦4位で連覇を逃したものの、再びKNVBカップで優勝を果たしていた。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/9(月) 18:50
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事