ここから本文です

ルノーがダブル入賞で選手権5位に浮上「パワーサーキットでのこの結果は素晴らしいご褒美」とリカルド:F1イタリアGP

9/9(月) 18:14配信

オートスポーツweb

 2019年F1イタリアGP決勝で、ルノーのダニエル・リカルドは4位、ニコ・ヒュルケンベルグは5位だった。この結果はルノーにとって今季ベストリザルトで、22点を稼いだことにより、コンストラクターズ選手権でトロロッソ・ホンダを抜いて5位に上がった。

2019年F1第14戦イタリアGP ニコ・ヒュルケンベルグとダニエル・リカルド(ルノー)

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=4位
 僕らに相応しい結果だ。僕自身のモンツァでのベストリザルトに並ぶ成績で、これをルノーと共に得たのは素晴らしいことだ。前の方でバトルをしていたから、大量にポイントを稼ぐチャンスが来るかもしれないと思っていた。自分自身はもちろん、チームのためにもうれしいよ。このパワーサーキットで4位と5位という、ルノーとしてF1に復帰して以来のベストリザルトをあげたことは、まさに彼らのハードワークの賜物だ。レースペースは良かったし、チームにとってもいいご褒美になった。これこそ、もっと早い時期に訪れるべきだった結果だ。ようやく満足できたよ!

ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=5位
 この結果にとても満足している。こんなふうにフィニッシュできるのは、気分がいいものだ。残りの7レースに向けて、この勢いに乗れるといいと思う。ここまでのシーズンはタフなものになり、厳しい結果や困難な時も何度かあったが、チームは今回の成績こそが相応しいと言える仕事をしてきた。チーム関係者全員にとって、ハードワークの良いご褒美になったよ。

 僕自身にとっては、何も難しいことのないレースだった。好スタートを決めて2台を抜き、いい位置につけることができたし、その後はポジションを維持して、ミスを犯さず、落ち着いて走り切るだけだった。終盤には少しプレッシャーをかけられたけど、それも逃げ切ることができた。全般的には平穏なコントロールされたレースで、ダニエルが僕のすぐ前でフィニッシュしたことも含めて、チームとしてはすごくいい結果だった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/9(月) 18:15
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事