ここから本文です

F1第14戦イタリアGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)

9/9(月) 20:18配信

オートスポーツweb

 2019年F1第14戦イタリアGP決勝で5位~優勝に入ったドライバーたちが日曜日を振り返った。

F1第14戦イタリアGPで勝利したシャルル・ルクレール

■ルノーF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=5位

 この結果にとても満足している。こんなふうにフィニッシュできるのは、気分がいいものだ。残りの7レースに向けて、この勢いに乗れるといいと思う。ここまでのシーズンはタフなものになり、厳しい結果や困難な時も何度かあったが、チームは今回の成績こそが相応しいと言える仕事をしてきた。チーム関係者全員にとって、ハードワークの良いご褒美になったよ。

 僕自身にとっては、何も難しいことのないレースだった。好スタートを決めて2台を抜き、いい位置につけることができたし、その後はポジションを維持して、ミスを犯さず、落ち着いて走り切るだけだった。終盤には少しプレッシャーをかけられたけど、それも逃げ切ることができた。全般的には平穏なコントロールされたレースで、ダニエルが僕のすぐ前でフィニッシュしたことも含めて、チームとしてはすごくいい結果だった。

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=4位

 僕らに相応しい結果だ。僕自身のモンツァでのベストリザルトに並ぶ成績で、これをルノーと共に得たのは素晴らしいことだ。前の方でバトルをしていたから、大量にポイントを稼ぐチャンスが来るかもしれないと思っていた。自分自身はもちろん、チームのためにもうれしいよ。このパワーサーキットで4位と5位という、ルノーとしてF1に復帰して以来のベストリザルトをあげたことは、まさに彼らのハードワークの賜物だ。レースペースは良かったし、チームにとってもいいご褒美になった。これこそ、もっと早い時期に訪れるべきだった結果だ。ようやく満足できたよ!

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=3位

 シャルルにおめでとうと言いたい。僕とバルテリ(・ボッタス)がプレッシャーをかけ続けるなかで、素晴らしい仕事をした。
 フェラーリはストレートでものすごく速く、ついていくのが難しかった。今日は僕らの日ではなかった。
 前のマシンに追いついたにもかかわらずリードを奪えないというのはもちろん悔しいことだ。それでもイタリアでコンストラクターズ選手権ポイントをたくさん稼ぐことができたし、結局はそれが大事なことだ。

 次のレースを楽に戦えるとは考えていない。来週はファクトリーに行って、いつもどおり、マシンを向上させる方法、レースウイークエンドのプロセスを改善する方法を探るための作業をする。シンガポールでは僕自身がもっといい仕事をしなければならない。今、フェラーリ、レッドブルとのバトルをエンジョイしている。この戦いを続けていきたい。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=2位

 終盤、シャルルに仕掛けるため、なんとか近づこうと全力を尽くしたが、フェラーリはストレートであまりにも速く、接近することができなかった。必死にプッシュしたけれど、近づくたびにフロントがロックするようになった。
 今日勝てなかったことにがっかりしている。一方で、パフォーマンス自体はとても心強いものだった。モンツァでは今シーズン一番苦戦するかもしれないと考えていた。ところがフェラーリに挑戦することができたので、その点はよかった。

 そういう意味ではいいレースだったといえるし、ポジティブな気持ちでイタリアを発つことができる。理論上は今後は僕らが得意なレースが続くはずなので、フェラーリやレッドブルといい戦いをするのを楽しみにしている。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=1位

 今日味わった感情は言葉にできない。レース中、レース後、表彰式の時の気持ちを言い表すのは難しい。キャリアのなかで経験したことがないほどの強い気持ち、今までの10倍も強い気持ちを感じた。特別な感情だ。
 レースの週末をスタートするとき、普段は優勝することについて考えない。できる限りいい仕事をすることを目指し、そうすれば結果はついてくると自分に言い聞かせるだけなんだ。でもここモンツァでティフォシからの熱狂的な応援を受けて、勝つことしか考えられなくなった。それを実行できたことがとてもうれしい。

 エキサイティングなレースだった。ファーストスティントはとてもうまくコントロールしていた。でもセカンドスティントで少し力を失った。後ろのマシン(ハミルトン)がギャップを縮めてきたから、ずっと後ろに集中しなければならなくなったんだ。とても大変だったし、プレッシャーはものすごく大きかった。

 懸命に作業に励んでくれたチームの全員に感謝したい。彼らなしにはこの勝利は実現できなかった。

 セブ(ベッテル)は残念だった。一緒に表彰台に上れる可能性があったのにね。

 今後も集中力とモチベーションを維持して戦わなければならない。その結果、いいリザルトを手に入れられるといいね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/9(月) 20:19
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事