ここから本文です

【大学野球】高校ではバレー部、名古屋大の“異色”148キロ左腕・松田らがプロ志望届提出

9/9(月) 17:16配信

Full-Count

東日本国際大の片岡も公示

 全日本大学野球連盟は9日、2019年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。名古屋大の148キロ左腕・松田亘哲投手、東日本国際大の片岡奨人(しょうと)外野手ら5人が新たに公示された。

【一覧】2019年プロ野球志望届提出者一覧

 松田は高校時代はバレー部に所属していたという異色の左腕。片岡は右投げ左打ちの中堅手。東日本国際大は昨年の明治神宮野球大会に出場し、準々決勝に進んだ。

 また、宮崎産業経営大の杉尾剛史投手、東海大九州キャンパスの小川一平投手、永嶺光祐投手も新たに公示された。

Full-Count編集部

最終更新:9/9(月) 17:16
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事