ここから本文です

明るい化学反応かならず!天羽明惠×イ・ムジチ

9/10(火) 18:31配信

チケットぴあ

「“あのイ・ムジチ”という存在ですよね。光栄ですし楽しみです」
キャリア十分のヴェテランがそう言って目を輝かせるのは素敵なことだ。天羽明惠は日本の声楽界を牽引するトップランナーのひとり。この秋、イタリアの老舗アンサンブル、イ・ムジチ合奏団と共演する(10月2日(水)・サントリーホール)。

イ・ムジチといえば《四季》。誰もが知る有名曲だが、実は、音楽史で忘れられていたこの作品が再発見されたのはなんと20世紀半ばのこと。そしてそれが世界的な人気を獲得するのに大きな役割を果たしたのが、1952年結成のイ・ムジチなのだ。繰り返し録音した彼らの《四季》は、この曲の定番中の定番。《四季》といえばイ・ムジチ。両者はもはやほとんど同義語といっても過言ではない。
「もちろんメンバーが変わっているとはいえ、60年以上もずっと弾き続けている作品なのに、まるでたったいま生まれてきた音楽であるかのように、いつも新鮮に演奏するのは素晴らしいことですよね」

指揮者なしのアンサンブルとの共演。大事なのは息づかいだという。
「彼らは絶対に私の息を聴いているはず。だから細かいテンポのニュアンスも、息でちょっと仕掛ければわかってくれるし、彼らの音で私の声も変わります。身体中にアンテナを張り巡らせてそのやり取りをするのは刺激的です」

天羽が歌うのは、ヘンデルのオペラ《ジュリオ・チェーザレ》のクレオパトラのアリア〈この胸に息のある限り〉や、モーツァルトの《エクスルターテ・ユビラーテ》など3曲。
「《ジュリオ・チェーザレ》のアリアは内面的で深い歌。それをイタリア語の音楽劇として、まずはイタリア人の彼らに伝えられるかどうか。丁寧に歌っていこうと思います。そしてモーツァルトは、彼らとの化学反応で、どんなきれいなレガートが生まれて、それをコロラトゥーラでどのように歌えるのか、とても楽しみにしています」

ヘンデルやモーツァルトは、歌手にとって、声楽的にも必要不可欠なレパートリーなのだと教えてくれた。
「たとえばヴェルディのオペラを歌ったあとでも、すぐに楽屋でモーツァルトを歌って、身体や筋肉がやわらかく使えているか、確認することが大事です。常にどちらも歌える状態、ニュートラルな状態に戻すということを考えながら歌手を続けています」

来日を目前にコンサートマスターのアントニオ・アンセルミが急死したため、代役としてマッシモ・スパダーノが出演。公演後半の《四季》のソロも彼が弾く。
「驚きました。残念ですが、彼らにとっても毎回が新しい演奏になるわけですから、そこは楽しみですね。私は東京と福井で歌うのですが、その間にもどんな変化が起こるか。彼らに負けずにフレッシュな演奏ができるように、私もしっかりと準備しなければ。なにより、彼らの音は絶対的に明るいでしょうから、その明るさと天羽明惠の明るさで、おおらかでのびやかに羽ばたきたいと思っています!」

文・宮本明


■イ・ムジチ合奏団 with 天羽明惠
2019/10/2(水) 19:00開演 サントリーホール 大ホール (東京都)

[予定プログラム]
モーツァルト: ディヴェルティメント ニ長調 K.136
ヘンデル: オペラ「ジュリオ・チェーザレ」から この胸に息のある限り (ソプラノ:天羽明惠)
ヘンデル: オペラ「セルセ」から オンブラ・マイ・フ (ソプラノ:天羽明惠)
テレマン: ディヴェルティメント TWV50:23
モーツァルト: モテット「エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ、汝幸いたる魂よ)」K.165 (ソプラノ:天羽明惠)
ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲集「四季」

最終更新:9/10(火) 19:33
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事