ここから本文です

日テレと吉本興業“加藤浩次スッキリ外し”で談合か

9/10(火) 11:03配信

東スポWeb

 自らの退社をかけて吉本興業トップの退陣を求めた加藤浩次(50)による“加藤の乱”に対し、いよいよ“粛清”の嵐が吹き荒れそうだ。情報番組「スッキリ」を放送する日本テレビが、このほど司会を務める加藤の降板か番組の終了に向けて動きだしたとの情報を本紙はキャッチした。もちろん、その理由は吉本幹部の逆鱗に触れたからだが、日テレ側も加藤の暴走ぶりを看過するわけにはいかなかったという。水面下で繰り広げられている両社間交渉の舞台裏を探る――。

「経営陣が代わらないなら、吉本を辞める!」

 自身がMCを務める「スッキリ」の生放送で加藤がほえたのは7月22日のこと。自らの進退をかけて、吉本の大崎洋会長と岡本昭彦社長に退陣を迫った騒動を、かつて政界で起こった倒閣運動になぞらえ“加藤の乱”と呼ばれた。

 ところが、威勢が良かったのは最初だけで「事が大きくなっていることは本当におわびしたい」と次第にトーンダウン。加藤が発案した専属エージェント制を吉本が受け入れたことで、矛を収める格好となった。

「結局、ふたを開けてみれば、大崎会長も岡本社長も経営トップに居座り、何も変わらなかった。すっかり騒動も落ち着いてしまい、ネット上で加藤は『狂犬ではなくチワワだった』と皮肉られていますね」とは芸能関係者だ。

 だが、吉本は加藤のことを許してはいないという。かねてささやかれていた“粛清”に、ついに着手したという情報があるのだ。

 事情を知る関係者がこう耳打ちする。

「加藤の牙城である『スッキリ』は、来年3月いっぱいでの降板作業がひそかに始まっています。ただ、加藤を降板させると、粛清があからさまなので、番組自体を終了↓リニューアルというプランもある。吉本は、日テレとの交渉の中で降板の代わりに、バラエティーやドラマ、スポーツ番組などで、吉本芸人の出演を確約するという条件を提示したといいます」

 その結果、とばっちりを受けてしまいそうなのが「スッキリ」で共演する近藤春菜(36)と山里亮太(42)。「加藤が降板するなら近藤、声の出演をしている山里も一緒だという話になった(笑い)」という。

「実は、日テレとしても猛省しているんです。安易にお笑い芸人を朝の情報番組のキャスターに起用したから、こうなってしまったと。日テレと吉本の思惑が一致したわけですね」(同)

 今回の加藤の乱は、世間の注目を浴び、視聴率がアップしたのは確かだが、一方で「番組の私物化」との批判があったことは見逃せない。生放送を“ジャック”され、言いたいことを言われれば、日テレとしてもバツが悪い。芸人をキャスティングすると、そういった不規則発言があるリスクを抱えることが分かったわけだ。今後、日テレは情報系番組からの吉本排除を本格化するという話まである。

 また、関係者の話を総合すると、後任に名前が挙がっているのがV6の井ノ原快彦(43)。昨年3月までNHKの「あさイチ」で当時は同局員だった、有働由美子アナ(50)とタッグを組み、8年間にわたって朝の顔を務めたのは記憶に新しい。

「イノッチは性格が穏やかで好感度も高い。不規則発言からは程遠い“安全運転”なので、日テレとしても安心。朝の番組は慣れていることでしょうしね」(同関係者)

 気になるのは加藤の今後だ。

「今さら破天荒な芸人に戻ろうとしても今回の一件で素がばれてしまった。もう狂犬キャラは通用しない。難しい立ち位置に追い込まれることでしょう」(お笑い関係者)

 来年春には、いろいろなことが様変わりしているかもしれない。

最終更新:9/10(火) 13:16
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事