ここから本文です

アリババのジャック・マー、55歳の誕生日に会長退任。引退理由と第二の人生を語る

9/10(火) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アリババを創業したジャック・マー(馬雲)会長が9月10日、会長を退いた。この日はマー氏の55歳の誕生日であり、中国では「教師の日」でもある。

【全画像をみる】アリババのジャック・マー、55歳の誕生日に会長退任。引退理由と第二の人生を語る

そしてアリババは同日、本社がある浙江省杭州市で、創業20周年を祝う記念大会を開いた。

マー氏自身は8月最終週をもって、公の場での会長としての活動を終えた。 28日に杭州での世界女性起業家大会、29日は上海で世界人工知能(AI)大会(WAIC)に登壇し、30日には山東省の農村で開かれた第7回中国タオバオ(淘宝)村フォーラムに姿を見せた。

アリババ上場後の2014年、マー氏はアリババの3大戦略として「グローバル化、農村の市場化、ビッグデータとクラウドコンピュータ」を挙げ、テクノロジーと農村を同じ位置に据え、共存共栄を目指した。最後の社外での公務に農村を選んだのも、彼の重要なメッセージと言えるだろう。

マー氏はなぜ55歳の若さでアリババを退くのか、今後何をするのか。マー氏自身が1年前の9月10日に公開した手紙を、紹介する。

(この記事は、2018年9月10日に公開した記事に新しい情報を追加し、再掲しています)

アリババグループの創業者、ジャック・マー会長は2018年9月10日、自身が公表した手紙で、2019年9月10日にトップを退き、張勇(ダニエル・チャン)CEOを後任に据えると表明した。手紙の全文は以下。

教師の日、おめでとう!

アリババのお客様、従業員、株主の皆様。

今年はアリババの19周年でした。私はこみあげて来る思いを、皆様に発表します。取締役会の承認を経て、1年後の本日、つまり2019年9月10日、アリババ20周年の節目に、私はアリババの董事局主席(董事長、トップに相当)を退き、後任をアリババグループCEOの張勇(ダニエル・チャン)に託します。私は今日からダニエル・チャンと2人で、継承準備を進めていきます。2019年9月10日以降も、私はアリババグループの取締役会メンバーに残り、2020年の株主総会に出席します。

これは私が以前から熟慮を重ね、10年間準備を進め、今日ようやく実現したものです。アリババのパートナーが同意してくれたこと、取締役会が承認してくれたこと、さらにはアリババの仲間や彼らの家族全てにも感謝しなければいけません。19年にわたって私を信頼し、支えてくれ、一緒に努力してくれたからこそ、私たちは自信と能力をもって、この日を迎えることができました。アリババは個人の資質に依存した体制から、組織や人材、カルチャーを軸とした企業へとステップを昇ります。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 20:00
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事