ここから本文です

ブラックホールの撮影に成功した科学者たちに名誉ある科学賞【追記あり】

9/10(火) 12:01配信

ギズモード・ジャパン

スケールの大きい功績にはスケールの大きい賞を。

今年の4月10日、ブラックホールが初めて撮影されたという特大ニュースが世界中を駆けめぐり、新たなる科学の歴史を切り拓きました。

地球から5500万光年離れた銀河M87の中心にあるブラックホールの姿を捉えるには、国際的な協力が不可欠でした。国立天文台によれば、20の国と地域で活動する60機関の研究者が協力し、世界中にある8つの電波望遠鏡を連携して観測を行なったそうです。

離れた場所にある複数の電波望遠鏡で一斉に同じ天体を観測することで、あたかもひとつの巨大な望遠鏡が作動しているかのような解像度を引き出せる「超長基線電波干渉法(Very Long Baseline Interferometry, VLBI)」を駆使して得られた画像は、これまで不可能だと思われてきたブラックホールの姿をはっきりと捉え、アインシュタインの一般相対性理論を裏付けるものとなったのです。

まさに「ブレイクスルー(飛躍的な解明)」!

そして去る9月5日にはブレイクスルー賞、別名「科学界のアカデミー賞」の受賞者が発表され、ブラックホールを撮影したイベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)チームに2020年の基礎物理学ブレイクスルー賞が授与されることがわかりました。

ブレイクスルー賞とは

2012年に創設されたブレイクスルー賞は、基礎物理学賞のほかにも生命科学賞と数学賞があり、各賞ともに300万ドル(約3億2000万円)の賞金が授与されます。今年の賞金総額は2160万ドルにも上るそうで、世界一羽振りのよい科学賞なのだとか。

それもそのはず、ブレイクスルー賞はGoogle共同創始者のセルゲイ・ブリン氏夫妻、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏夫妻、アリババ創業者ジャック・マー氏夫妻とシリコンバレー投資家のユーリ・ミルナー氏夫妻という名だたる面々により共同創設されているのだそうです。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 17:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事