ここから本文です

『やったるぜ!』 ホステスプロ8人が開幕前に見せた“いい表情”【カメラマンの景色】

9/10(火) 13:50配信

ゴルフ情報ALBA.Net

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する。【ゴルフ5レディス編】

米山聡明カメラマンの写真で大会を振り返る【写真】

毎週100人以上が出場するプロトーナメント。それぞれの選手が、期する思いを胸に1週間を過ごしている。そのなかで最もプレッシャーのかかる選手がトーナメントのホステス(ホスト)プロだろう。

ツアー参加に際しての援助、応援など、何かとお世話になっているスポンサーの冠大会ともなれば頑張るしかない。それだけにプレッシャーも人一倍。先週のゴルフ5レディスには、そんなホステスプロが8人出場した。

今季1勝を挙げている穴井詩をはじめ、武尾咲希、川満陽香理、小貫麗、上原美希、山田成美、山本景子、イ・ナリ(韓国)。バリバリのシード選手もいれば、あまり出場機会に恵まれない選手もいるが、それでも皆思いは同じ。日頃の”恩返し”をする絶好のチャンスだ。

大会を撮影した米山聡明カメラマンは、開幕前にそんな8人の気合いに満ちた表情を、一枚の写真におさめた。「プロアマ当日の朝、全員集合でパチリ。どうですか?成績はともかく、皆『やったるぜっ!』という、いい表情をしています」。

これは川満が『集合写真を撮ろう』と陣頭指揮を執り、9番グリーン上で撮影された。それぞれが別の場所で練習していながらもすぐに集合。“ファミリー”が醸し出す和気あいあいとした雰囲気のなか撮影された。

「それぞれに今自分ができることをやり、それなりの結果を出して、感謝の気持ちを伝えたい。そんな彼女たちの表情に思わず声援を送りたくなりました」(米山カメラマン)

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/10(火) 13:50
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事