ここから本文です

G大阪が元スペイン代表MFスサエタ獲得

9/10(火) 11:58配信

東スポWeb

 J1G大阪は9日、元スペイン代表のMFマルケル・スサエタ(31)を獲得したと発表した。同国1部ビルバオの下部組織出身で2007年から12シーズンにわたってトップで活躍。主に右MFとしてプレーし、公式戦511試合出場で56得点をマークした。昨季限りで契約満了となり、フリーでJリーグに加入。クラブによると、背番号は「14」になる。

 現在、G大阪は勝ち点28のリーグ14位でJ2へ自動降格圏となる17位松本と勝ち点差は4。昨季ドイツ1部デュッセルドルフでプレーしていた元日本代表MF宇佐美貴史(27)と同2部フュルトに所属した同MF井手口陽介(23)、J1広島からブラジル人FWパトリック(31)が加入したが、さらなる大型補強でJ1残留を果たせるか。

最終更新:9/10(火) 12:01
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事