ここから本文です

<宮野真守>初のアジアツアー完走 “ヒーロー”テーマに熱いライブ 神谷浩史、小野大輔、高木俊出演の映像も

9/10(火) 19:20配信

まんたんウェブ

 声優の宮野真守さんの自身最大規模となる初のアジアツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~」のファイナル公演が9月8日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で開催され、ライブリポートが公開された。

【写真特集】セクシーな肌見せ、はじける笑顔も! 宮野真守、最新ライブの写真を一挙紹介

 今回のツアーのテーマは「ヒーロー」。ライブでは冒頭で、惑星に降り立つヒーローに扮(ふん)した宮野さんが登場する映像がスタート。ダンサーと共に登場した宮野さんは、オープニングナンバーとして「FIRE」を歌唱。次に披露した「VOICE」では、ムービングステージがせり上がる演出があり、観客を盛り上げた。さらに、「EGOISTIC」では剣を使ったパフォーマンスを見せた。

 宮野さんのライブでは恒例となっているというバラードコーナーでは、「FRONTIER」を力強く歌い上げ、続いて「僕と秘密のレッスンを始めようか」というささやきと共に今回のツアーのためにジャジーにアレンジされた「僕のマニュアル」を披露。また、NHKの音楽番組「みんなのうた」で2、3月に放送されていた「ぼくはヒーロー」を歌唱する際は、客席に向けてサビの振り付けをレクチャーし、観客と共に笑顔でダンスした。

 続いて、同じく恒例となっているスペシャルムービーが上映された。ムービーは、楽曲「ぼくはヒーロー」を実写化したような内容で、宮野さんのほか、ヒーローに扮した声優の神谷浩史さん、小野大輔さん、悪役として高木俊さんが出演。豪華メンバーによる映像に会場からは大きな歓声と笑いが起こった。

 さらに「ヒーロー」が登場するパフォーマンスは続き、特撮ドラマ「ウルトラマン列伝」の主題歌となった「ULTRA FLY」を歌唱する際は、宮野さんが声優として出演した「ウルトラマンゼロ」がビジョンに映る演出も。「Space Travellers」では、歌唱中、ビジョンに巨大な炎のモンスターが映し出され、宮野さんとモンスターが対峙(たいじ)しているかのようなパフォーマンスを見せた。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 23:31
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事