ここから本文です

防災ヘリと連携確認 氷見市消防署と県消防防災航空隊が訓練

9/10(火) 2:05配信

北日本新聞

 氷見市消防署と県消防防災航空隊は8日、同市中田の市文化財センターなどで訓練を行い、県消防防災ヘリを使った山林火災時の連携を確認した。

 署員13人のほか、航空隊員7人と地元の市消防団女良分団員7人が参加した。

 同市平沢の山林で野焼きが延焼したと想定。同センターの芝生広場にヘリが着陸し、消防ポンプ車からヘリ搭載タンクに送水。飛び立ったヘリは、平沢の千石池周辺で放水した。

最終更新:9/25(水) 18:58
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事