ここから本文です

ソラーテ帰国 モチベーション発言から3日…阪神が契約解除発表

9/10(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 阪神は9日、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)=前マーリンズ3A=の契約解除と帰国を発表した。6日の広島戦で1軍昇格のためにマツダスタジアムまで行くも「モチベーションが上がらない」と拒否。即刻帰阪となり、球団は解雇の方針を明かしていた。この日、東京・羽田空港から帰国の途に。“セクシータイム”は、一瞬で終わりを告げた。

【写真でみる】とんだお騒がせ助っ人だったソラーテ

 最後まで本人の口から“職場放棄”の理由が語られることはなかった。あっという間の「セクシータイム」。球団はこの日、ソラーテの契約解除と帰国を発表した。本人は甲子園から500キロ以上離れた羽田空港に姿を見せ、大きな荷物とともに日本を去った。

 「何も話すことはないです。何かあれば現場から発表しますので、そっとしておいてください」

 前日8日、谷本修球団副社長兼本部長はソラーテについて、こう話していた。その言葉通り帰国のあいさつをすることもなく、そっと旅立った。

 結果はセクシーではなかったが、来日してからの1カ月強はよくも悪くもファンをゾクゾク!? させた。6日の広島戦(マツダ)で1軍昇格するはずだったが、球場に着くと「モチベーションが上がらない」と首脳陣に直訴。矢野監督らと話し合った結果、即帰阪となった。前代未聞の造反劇で、逆転クライマックスシリーズ(CS)を狙うチームに水を差した。

 1軍昇格した7月26日の巨人戦(東京ドーム)は、即スタメンで決勝2ランの衝撃デビュー。だが、徐々に調子を落として、8月19日の2軍降格時には打率・188、4本塁打、9打点。打てないことに加え、内野は全ポジションを守れるという触れ込みに反して、どこを守らせても不安定というありさまだった。

 谷本副社長は退団の方向か? との問いに「方向性はそうです。阪神のユニホーム(を着ること)はないんじゃないですか。こんなことを許したら、チームが成り立たない」と怒りをあらわにしていたが、正式に解雇となった。1軍の助っ人野手は再びマルテ1人に。逆転CSに向け、得点力不足が解消されない矢野虎にとって、痛手であることは間違いない。

 球団はすでに新外国人としてタイラー・オースティン内野手(28)=ブルワーズ3A、アダム・デュバル外野手(31)=ブレーブス=らをリストアップして調査している。来季以降も強打の助っ人補強は最重要課題。ソラーテも米大リーグでは通算75発と実績は十分だったはず。本当に「セクシー」な助っ人を、虎党は待ち焦がれている。

最終更新:9/10(火) 14:28
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 4:55

あなたにおすすめの記事