ここから本文です

2画面に拡張できる「LG G8X ThinQ」発表 2つの画面はどうやって使う?

9/10(火) 7:18配信

ITmedia Mobile

 ドイツ・ベルリンで開催中(9月6日~11日)の世界最大級の家電ショー「IFA2019」にて、LGエレクトロニクスがAndroidスマートフォンの最新モデル「LG G8X ThinQ」を発表した。同モデルの最大の特徴は「LG DualScreen」というディスプレイ付きのケースに装着して、“2画面スマホ” として使えること。IFAのLGブースでも、全モデルがデュアルスクリーン仕様で展示されていた。

2画面の操作をしているところ

DualScreen対応の第2弾モデルとしてリリース

 LG G8X ThinQは、型番からは同社のフラグシップ「LG G8 ThinQ」の派生モデルに位置付けられる。しかし実質的には、2019年2月にDualScreenに対応する5Gスマホとして発表された「LG V50 ThinQ 5G」の後継モデルともいえる。LGの説明員によると「LG V50 ThinQは5G対応のため販売地域が限られるが、LG G8X ThinQは4G対応で、広いマーケットでの展開を想定している」とのこと。なお、韓国ではLG G8X ThinQの5G対応モデルが発売され、機種名は「LG V50S ThinQ」になるという。

 LG G8X ThinQは、6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、解像度はフルHD+(1080×2340ピクセル)。サイズは75.8(幅)×159.3(高さ)×8.4(奥行き)mmで、重さは192g。Dual Screenに装着しない状態でも、やや大きめの端末だ。

 別売のDualScreenにはUSB Type-C端子があり、LG G8X ThinQを結合できる。なお、DualScreen側のディスプレイも6.4型で解像度も同じだ。ただし、HDRに対応するのは本体のディスプレイのみ。DualScreen単体の重さは134gだ。

2画面の使い方は自由自在

 2画面の使い方はV50 ThinQ 5Gと同様で、2つの画面で異なるアプリを起動できる他、2画面を連結させた表示も可能。ゲームをプレイする際は、本体側のディスプレイに操作パッドを表示することもできる。軽くて薄いDualScreen側のディスプレイが上になるので、手にしたときの安定感もよい。ヒンジは360度に曲げられる仕様で、2つのディスプレイが見える状態で卓上に立てて、向き合う人が異なる画面を見ることもできる。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 7:18
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事