ここから本文です

【ローズS】ダノンファンタジーに立ちはだかる“格無用”データ

9/10(火) 21:10配信

東スポWeb

【ローズS(日曜=15日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)過去10年ワンポイント】かつては春の実績馬が順当に上位を占めるケースが目立ったが、ここ2年は波乱傾向。2017年の上位3頭の前走は500万1着→1000万2着→オークス5着で、18年はオークス13着→500万1着→1000万4着。"格無用"の結果になっている。

 ちなみに17年の1番人気は春にフラワーCを圧勝し、皐月賞に挑戦(7着)したファンディーナ。18年の1番人気はフローラS勝利馬でオークスは伸び切れなかった(6着)サトノワルキューレ。

 今年1番人気濃厚のダノンファンタジーは桜花賞が4着、オークスが5着と入着止まりの2歳王者。立ち位置が過去2年と似ているだけに、今年も不穏とみるのが正解か。

最終更新:9/10(火) 21:12
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事