ここから本文です

山口FG銀行にスペイン料理バル 窓口に併設

9/10(火) 11:22配信

共同通信

 山口フィナンシャルグループ(FG)は傘下の山口銀行油谷支店(山口県長門市)を改装し、店舗内にスペイン料理を楽しめるバルを併設した。金融業界関係者によると、銀行の支店内に窓口とアルコールを出す飲食店を併設するのは極めて珍しいという。

 人口減少やコンビニの現金自動預払機(ATM)の拡大を背景に銀行窓口の利用者が減っており、山口FGは「店舗の一部を貸し出し、地域のにぎわいの場を創出したい」と話す。

 入居したバルの店名は「ダイニングバル・ゼン」。油谷支店の1階部分の約130平方メートルのうち約半分で営業し、27席を設けた。

最終更新:9/10(火) 11:43
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事