ここから本文です

日本マクドナルド、店内・持ち帰り価格を統一 7割の商品で税込価格据え置き、「ハンバーガー」は10円アップ

9/10(火) 16:24配信

ねとらぼ

 日本マクドナルドは9月10日、消費税率引き上げと軽減税率導入が実施される10月1日以降について、店内で飲食する場合と持ち帰りの場合で税込価格を統一すると発表しました。約7割の品目は税込価格を据え置き、店内飲食の場合(税率10%)は本体価格が値下げとなります。

【値上げする商品、据え置きの商品】

 税込かつ10円単位の価格表示を継続するのに伴い、全品目で価格を見直し、約3割の品目では税込価格を値上げします。ただ、約7割を据え置くことで、全体では加重平均(各商品・セットメニューなどの販売数を加味した販売額の平均)で税別価格の引き上げにならないよう設定したとのことです。

 具体的には、「ハンバーガー」の税込価格は現在の100円が110円に、「マックフライポテト」(Mサイズ)は270円が280円となるなど、現在から税込価格が10円上がります。一方、「ビッグマック」(390円)や「プレミアムローストコーヒー」(Sサイズ100円、Mサイズ150円)、「チキンマックナゲット5ピース(200円)」など、定番メニューの税込価格を据え置きます。

 キャッシュレス決済で支払った場合のポイント還元制度は、国内約2900店のうち、フランチャイズ店約2000店が参加予定とのことです(直営店舗は同制度の対象外)。

 軽減税率の導入で、店内飲食(10%)と持ち帰り(8%)では異なる税率が適用されます。店内と持ち帰りの税込価格を統一するか、別々の価格にするかで外食各社の対応は分かれていますが、10月1日まで1カ月を切った現時点でも対応を明らかにしていない外食チェーンもあり、大手である日本マクドナルドの対応は注目されそうです。

ねとらぼ

最終更新:9/10(火) 16:24
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事