ここから本文です

Rain(ピ)とソユ(元SISTAR)の初コラボ曲「始めようか、私」レコーディング室スポイラー写真を公開

9/10(火) 20:42配信

WoW!Korea

韓国歌手Rain(ピ)とソユ(元SISTAR)がコラボ曲「始めようか、私」のレコーディング室のスポイラー写真を公開した。

Rain(ピ)のプロフィールと写真

 STARSHIPエンターテインメン(以下、STARSHIP)は今月9日午後公式SNSチャンネルに「THE LOVE OF AUTUMN:始めようか、私」のレコーディング室でのスポイラー写真を掲載した。

 公開された写真ではRain(ピ)とソユが真剣な面持ちで楽曲のレコーディングに臨んでおり見る者の視線を引く。Rain(ピ)はラフなカジュアルファッションを基に光るビジュアルを誇り、ソユは目を閉じたたまま明るい微笑を浮かべともに歌う姿を見せている。作業に没頭している2人の姿はこれから披露される新曲に対する期待をさらに高めている。

 PEPSIとSTARSHIPの進行の下で行われる「2019 PEPSI K-POPコラボプロジェクト」ではこれまで「VIXX」ラビとホンビン、「GFRIEND」のウナ、「MONSTA X」のヒョンウォン、オン・ソンウ(元Wanna One)などK-POPの人気アーティストたちが多数参加して高い話題性を巻き起こした経緯がある。

 これに続きプロジェクトに合流したRain(ピ)とソユは最近公開した新曲「始めようか、私」のカミングスーン映像を通じてさらに特別なコラボを予告し音楽ファンの熱い関心を受けている。

 さらにRain(ピ)は独歩的なパフォーマンスが加えられた強烈なカラーの音楽から柔らかい感性まで消化し、名実ともに韓国国内最高のアーティストのポジションに上り、ソユはチョン・ギゴと「SOME」、Mad Clownと「Stupid of Love」、クォン・ジョンヨル(10cm)と「肩」、ベクヒョン(EXO)と「Rain」などさまざまなアーティストとコラボし音源チャート1位を席巻し“コラボの女神”としての存在感を誇っていただけに、新たに始めるコラボに対する関心が日増しに倍増している。

 Rain(ピ)は2002年に「悪い男」を発表しソロ歌手としてデビュー、「太陽を避ける方法」、「It's Raining」、「Rainism」、「あなたを引き止める歌」、「LA SONG」など各種ヒット曲を発表し、韓国最高のスターとなった。またドラマ「サンドゥ、学校に行こう」、「フルハウス」、「このろくでなしの愛」、映画「サイボーグでも大丈夫」、「ニンジャ・アサシン」などに出演、最近はMBCドラマ「ウェルカム2ライフ」で熱演を繰り広げ、俳優として活発な活動を続けている。

 2010年にガールグループ「SISTAR」としてデビューしたソユは「Loving U」、「Touch My Body」、「SHAKE IT」などを発表し、代表格のガールズグループへと頂点を極め、以降2017年に初のソロアルバムのタイトル曲「The Night」を皮切りに、「All Night」などを披露し、ソロアーティストとして確固たる位置づけに成功した。それだけでなく、各種ドラマのOSTやバラエティ番組でも多彩な活動を繰り広げ、万能アーティストとして活躍している。

 一方、Rain(ピ)とソユが披露するPEPSIとSTARSHIPによる「2019 PEPSI K-POPコラボプロジェクト」“THE LOVE OF AUTUMN”「始めようか、私」は来る16日の午後6時に各種音楽配信サイトを通じて発表される。

最終更新:9/10(火) 20:42
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事