ここから本文です

【セントライト記念】ザダル、持ち前の勝負根性で菊花賞目指す

9/11(水) 7:03配信

スポーツ報知

◆第73回セントライト記念・G2(9月16日・芝2200メートル、中山競馬場)

 菊花賞トライアル、第73回セントライト記念・G2(16日、中山=3着まで本番への優先出走権)は「未知なる魅力」に注目。デビュー3連勝と底を見せていないザダルが、実績馬相手に殴り込みをかける。

 デビュー3連勝中のザダルが、重賞に初めて出走する。春はダービートライアルのプリンシパルSを制したが、天候不良で順延され、本番まで中1週のローテーションとなることを考慮して自重。秋に備えてきた。

 「距離は問わないと思う。この馬の場合、当日のテンションが全て。輸送しても、おとなしくしていれば」と大竹調教師。精神的な危うさを抱えるものの、全て首差で勝利を収めているあたり、レースに行っての勝負根性には見るべきものがある。

 父トーセンラーは、13年マイルCSの勝ち馬。3歳秋はこのレースで2着に入り、菊花賞でも3着と好走した。「京都で走るというイメージが強かった。この馬も、ぜひ京都に行きたい」と大竹師。4連勝を果たせば、主役の一頭として京都に乗り込むことになる。

最終更新:9/12(木) 3:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事