ここから本文です

石据カチルの近未来SF「空挺懐古都市」、5年ぶりの新刊となる最終4巻

9/10(火) 21:08配信

コミックナタリー

石据カチル「空挺懐古都市」の最終4巻が、本日9月10日に発売された。

「空挺懐古都市」は海面が上昇し大地が次第に小さくなり始めた世界で、人々が生き残るために作り上げた空に浮かぶ巨大な空挺都市を舞台に繰り広げられる近未来SF。都市の浮力を支える燃料街を中心に蔓延する、心にもっとも依存している存在を忘れてしまうという奇妙な記憶の病にまつわるエピソードが紡がれる。

本作は2010年から2015年まで増刊flowers(小学館)にて連載された。単行本が刊行されるのは約5年ぶりで、大幅な加筆修正が施されているほか一部パートはカラーで収録されている。

最終更新:9/10(火) 21:08
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事