ここから本文です

巨人・岡本2打席連発の驚弾 左中間に一直線 原監督は坂本勇にバントの執念

9/10(火) 20:48配信

デイリースポーツ

 「DeNA-巨人」(10日、横浜スタジアム)

 巨人の岡本和真内野手が2打席連発となる28号ソロを放ち、リードを3点に広げた。

 一発目は1点を追う六回2死。丸がフルカウントから外角の際どいスライダーを見極め四球で出塁。2死一塁からの初球だった。今永のスライダーをフルスイングした打球は角度よく上がった。打った瞬間、本塁打を確信。打球は左中間席の上段へ飛び込む2ランとなった。

 ベンチへ戻ると満面の笑みでハイタッチした。「ピッチャーが頑張っていたので、なんとかしたかった。一振りで仕留めることができました」。今季はこの1本を放つまで111安打と苦しめられていたDeNAエース・今永を攻略した。

 2点差となった八回はエスコバーから放った。4球目の155キロストレートを豪快にはじき返した。強烈な打球は左中間スタンドに一直線。原監督は直前には坂本勇に送りバントさせて丸の犠飛を導くなど勝利への執念を見せていた。指揮官の執念に応えるかのごとく主砲が躍動した。

 2位・DeNAに4ゲーム差をつけている巨人はこの試合に勝てば優勝マジック9が再点灯。引き分けでも10がつく。

最終更新:9/10(火) 20:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事