ここから本文です

【中日】球団史上初の4戦4勝ならず ドラ2梅津がプロ初黒星「むちゃくちゃ悔しい」

9/10(火) 21:22配信

スポーツ報知

 ◆広島3―0中日(10日・マツダスタジアム)

 球団史上初の新人デビュー戦からの4戦4勝を狙った梅津晃大投手(22)が7回3失点と粘投したが、打線の援護なくプロ初黒星を喫した。試合後は冷静な口調ながら「むちゃくちゃ悔しい。悔しさが全てです」と感情をあらわにした。

 3回に西川に先制ソロを献上。「9回まで投げきるつもりだった」が、自己最長イニングに突入した7回、小園に2ランを浴びた。それでも四方八方を広島ファンが埋め尽くす敵地・マツダで3度目のQS(クオリティースタート=6回以上自責3以下)を達成。リーグ屈指の右腕・大瀬良との投げ合いには「すごく楽しかったです」と新たな経験を得た。

 与田監督は「結果が全て」と言葉は少なかったが、阿波野投手コーチは「大瀬良としっかり投げ合えたと思う。いい投手と投げ合えば、いい投球を引き出す」と若手右腕のさらなる成長を願った。

 打線はわずか6安打で梅津を援護できず大瀬良に今季4勝目を献上。マツダでは今季8戦全敗と鬼門化が深刻化してきた。チームの連勝は6でストップし、広島戦の今季負け越しも決まった。

最終更新:9/11(水) 23:59
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/17(火) 23:50

あなたにおすすめの記事