ここから本文です

3Dプリンタで作られたドミノ自動配置マシン

9/10(火) 18:37配信

Impress Watch

 3Dプリンタを使って作成されたドミノを自動配置する四輪車「Pink and Green Domino Machine II」がYouTubeで公開されている。作者のgzumwalt氏によれば、Autodesk Fusion 360とUltimaker Cura 4.2で設計され、3DプリンタのUltimaker 2+ ExtendedおよびUltimaker 3 Extendedを使って製作された。

 同氏は3年前に1号機の「Pink and Green Domino Machine」を作成しており、水平に積み重ねられたドミノを押し出して配置する仕組みだったが、そのあと世に現われる自作ドミノマシンのほとんどが1号機と同じ水平積み重ね型だったことから、垂直に積み重ねられたドミノを配置していく2号機の作成を決意。1号機から大幅にデザインを変更して製作に取りかかった。なお、このドミノマシンの1号機と2号機の名前は彼の息子と孫たちが付けたものである。

 Pink and Green Domino Machine IIは、20個ほどのドミノを搭載できるが、動画を見るかぎり真っ直ぐにドミノを配置するのみで、曲線を描くといったことはできないようだ。使用されているモーターやバッテリ、タイヤ部分といったパーツのリストはすべてWeb上に公開されており、各パーツの3Dデータもダウンロードすることができる。

PC Watch,中村 真司

最終更新:9/13(金) 16:52
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事