ここから本文です

橋本聖子氏JOC役職など退任へ 五輪相内定で兼務せず

9/10(火) 21:10配信

共同通信

 11日の内閣改造で、五輪相就任が内定した日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子副会長は10日、理事会後に報道陣の取材に応じ、JOCを含めて自身が務めるスポーツ団体の全ての役職から退く考えを明らかにした。国務大臣規範では公益法人の役職員との兼務は原則的に認められていない。

 五輪に夏冬合わせて7度出場した橋本氏は、日本スケート連盟や日本自転車競技連盟の会長を務めているほか、日本ホッケー協会や日本ライフル射撃協会の副会長など、多数のスポーツ団体で役員となっている。

最終更新:9/10(火) 21:10
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事