ここから本文です

小泉家が4代続けての大臣誕生、ほかに“4代大臣”の可能性があるのは?

9/11(水) 6:16配信

スポーツ報知

 安倍晋三首相(自民党総裁)は、11日発足の改造内閣で、小泉進次郎衆院議員(38)=神奈川11区=を環境相で初入閣させる人事を内定した。入閣すれば戦後3番目、男性では史上最年少閣僚となる。小泉家は、戦前に逓信大臣を務めた進次郎氏の曽祖父・又次郎氏から4代続けての大臣誕生となった。進次郎氏は先月、フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)と結婚した。年明けの第1子誕生後には育休取得を検討していると表明。入閣するかどうかが注目されていた。

【写真】爆笑・太田光、滝川クリステルの花嫁姿に「隣の弟が進次郎より全然イケメン」

 最も近いのは、鳩山一郎元首相の鳩山家。息子・威一郎氏は外相、孫・邦夫氏は総務相を務めた。ひ孫で現在2期目の二郎衆院議員が入閣すれば、4代目となる。外相から防衛相に横滑りする河野太郎氏は父・洋平氏が内閣官房長官を、祖父・一郎氏は建設相などを歴任しており、太郎氏の子供に期待がかかる。また、平井卓也内閣府特命担当相は父・卓志氏が労働相、祖父・太郎氏は郵政相を務めた。

最終更新:9/11(水) 10:47
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事