ここから本文です

【ファーム】ヤクルト・畠山が代打出場で魅せた!ロッテは勝利目前でまさか…

9/10(火) 17:12配信

イレブンスポーツ

○ ヤクルト 12 - 4 巨人 ●

(C) イレブンスポーツ

イースタン・リーグ公式戦
<戸田 9月10日>
▼ スコア
巨|001 012 000|4
ヤ|102 100 53X|12


 ヤクルトが本拠地で巨人に大勝。今季限りで現役引退を表明している畠山和洋に適時二塁打が飛び出すなど、打線が破壊力を見せつけた。

 常にリードを奪いながらも、6回に追いつかれてしまったヤクルト。それでも4-4で迎えた7回裏、途中出場の大引啓次が押し出しの四球を選んで勝ち越しに成功すると、相手のバッテリーエラーでもう1点。さらに吉田大成にも2点適時打が飛び出し、一気に点差を広げる。

 なおも二死ながら走者一塁という場面で、今季限りでユニフォームを脱ぐことが決まっている畠山が代打で登場。代わったアダメスの145キロ速球を完ぺきにとらえると、打球は左中間フェンスを直撃。あわや本塁打という一撃の間に走者が還り、この回一挙5得点。

 その後、8回にも3点を加え、終わってみれば12-4の大勝。打者陣が持ち味を存分に発揮したヤクルトがカード初戦をとった。

● ロッテ 5 - 6 日本ハム ○

イースタン・リーグ公式戦
<ロッテ浦和 9月10日>
▼ スコア
日|010 030 002|6
ヤ|020 000 300|5


 ロッテは本拠地で日本ハムに逆転負け。最終回に登板した大谷智久が9回二死からまさかの逆転2ランを浴びた。

 序盤からシーソーゲームとなったこの試合。ロッテは2回に先制点を許したものの、その裏に細谷圭が2人を還す適時打を放ってすぐに逆転。しかし、先発・涌井秀章が5回に王柏融に3ランを浴び、2-4とリードを奪われてしまう。

 それでも、打線は7回にルーキー・山口航輝の適時打で1点差に迫ると、4番の安田尚憲が適時二塁打を放って二者が生還。主砲の一振りで5-4と試合をひっくり返した。

 試合はそのまま9回へ。この回から登板した大谷はかんたんに二死を取るも、走者を一人出して迎えた代打・谷口雄也に変化球を弾き返されると、高々と舞い上がった打球はそのまま左中間スタンドへ。あとアウトひとつのところから逆転2ランを浴び、ロッテが目前に迫っていた白星を逃した。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 17:20
イレブンスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/18(水) 6:50

あなたにおすすめの記事