ここから本文です

ビギナーだって楽しみたい!台湾の美味しいかき氷のお店2選

2019/9/10(火) 6:10配信

magacol

「台湾の美味しいもの」連載、1回目となる今回は、台湾人も大好きな「かき氷」をピックアップ。昔ながらの懐かし系と今どきのアート系かき氷を楽しめる現地のお店をご紹介します!

教えてくれたのは

保谷早優怜(ほうやさゆり)さん
旅作家。全日空入社後、2度の台湾留学を経て旅ライターに。All About台湾・台北ガイドは今年で12年目。著書『台湾・香港deワーキングホリデー』『幸せめぐり旅 台湾』『台湾美食』など。

【TRENDY】今どきのアート系かき氷が食べられるお店「ジンジームー」

盛ったかき氷の上でクレームブリュレを仕上げる「燒冰抹茶(シャオビンモウチャ)」。ドルチェと呼びたくなるかわいさです。白玉が氷のなかで硬くならないように、別のうつわにわけてある気配りが嬉しい。220元(約¥768)

このルックスに目がくぎづけ♪ベリー味の「燒冰莓果(シャオビンメイグオ)」220元(約¥768)

古民家風の店内。土日はすぐに行列ができるので、開店30分前にはお店の前でスタンバイを。

【Shop Data】

金鶏母 jingimoo(ジンジームー)
住所:台北市杭州南路一段143巷36号
営業時間:火~土/12:00~20:00 日/12:00~19:00
定休日:月曜休
※1人1品のオーダーをお願いします

【CLASSIC】昔ながらのかき氷が食べられるお店「ロンドウビングォヂュアンイェジァ」

「八寶冰(バーバオビン)」70元(約¥245)は、小豆、緑豆、タロイモ、ピーナツなど8種の具をトッピングした具だくさんのかき氷。昔ながらの素朴な味わいにハマる人続出!

ケースに並んだトッピングたち。店内も器もレトロ感がたまりません。

創業1920年の老舗。人気のパワースポット龍山寺の近くにあって、夜中まで営業しているのも観光客にはありがたいです。木瓜牛(パパイヤミルク)も人気で、暑い時期にはパパイヤがずらりとショーケースに並びます。

【Shop Data】

龍都冰菓専業家(ロンドウビングォヂュアンイェジァ)
住所:台北市広州街168号
営業時間:11:30~25:00
定休日:不定休(月1程度)

台湾に行くなら覚えておこう!

MRTは並ぶ方向に注意
台北市内の移動なら、MRT(地下鉄)が便利。料金も約¥70~とリーズナブルなのもうれしいですね。さてこのMRT、実は並び方に決まりがあるのをご存じでしょうか?台北のMRTはホームの左側に沿って並ぶように左曲がりの線が描かれていて、ドアの右側は降りる人のために空けてあります。つまり電車が到着したら、ドアの右半分から降車していくのと同時進行で、ドアの左半分に並んでいた人が乗り込むのです。電車の到着と同時に左右に広がり、降りる人を先に通してから乗り込む日本の習慣より効率的かも!?なお、MRTはペットボトルを含め、飲食禁止です。

撮影/保谷早優怜(龍都) 取材・文/保谷早優怜 構成/タカノマイ(Mart編集部)

Mart2019年9月号
ビギナーだって楽しみたい 「美味しい台湾!」今度行くならこんな店 vol.1 より

最終更新:2019/9/10(火) 6:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事