ここから本文です

渡邉普電工会長、電炉製品、出荷さえず

9/10(火) 10:20配信

日刊産業新聞

 普通鋼電炉工業会の渡邉誠会長(JFE条鋼社長)は9日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開催した。渡邉会長は電炉製品を取り巻く環境に関して、「足元の出荷は鉄筋棒鋼、中小形形鋼ともに全国的に悪い。鉄筋棒鋼は地域ごとで温度差があるものの、総じて動きが鈍い。中小形形鋼は高力ボルト不足が解消しつつあるが、まだひっ迫している。人手不足の影響もある。市場環境は先行きも不透明感が漂っており、鉄筋メーカー、形鋼メーカーともに需要に見合った生産が重要になる」とコメントした。

最終更新:9/10(火) 10:20
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事