ここから本文です

酒気帯び運転 23歳の女逮捕 容疑で岡山南署、追突事故起こす

9/10(火) 10:51配信

山陽新聞デジタル

 岡山南署は9日夜、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、岡山市中区、会社員の女(23)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は9日午後8時ごろ、同市北区十日市西町の国道30号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。「(9日の)明け方を最後に飲酒はしていない」と容疑を否認している。

 同署によると、容疑者は赤信号で停止していた倉敷市、男性会社員(45)の乗用車に追突する事故を起こし、署員の飲酒検知で呼気1リットル中0・55ミリグラムのアルコールを検出した。けが人はいなかった。

最終更新:9/10(火) 10:51
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事