ここから本文です

青木翔コーチの下、“しぶこが初めて取り組んだドリル”はアマチュアにも効くか? おじさんゴルファーが試してみた

9/10(火) 20:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ大好きな“ゴルフバカ”のイラストレーター・野村タケオが目をつけたのは、渋野日向子が取り組んだという「クロスハンドドリル」。果たして全英女王ばりに上達することはできるのか!?

渋野日向子のドライバー連続写真

改めて気がつく、基本の大切さ

みなさんこんにちは、ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。渋野日向子プロのフィーバーがまだまだ続いていますね~。全英女子オープンというメジャーに勝ったわけだし、ニコニコしながら楽しそうにゴルフをするプレースタイル、ファンサービスも素晴らしいってことで、注目されるのは当然ですよね。

渋野プロが注目されれば、彼女の使用クラブやスウィング、どういう練習をしているのか? ってことにも注目が集まります。彼女の使っているクラブなんかはかなり人気で品切れが続いているとか。そして彼女を指導してきた青木翔コーチにもやっぱり注目が集まっています。

そんな青木コーチのレッスンが週刊ゴルフダイジェストで3週連続掲載されているのですが、9/17号に「”しぶこ”が初めて取り組んだドリルです」ってのが載っていたので、やってみることにしました!

さて渋野プロが青木プロから最初に課せられたドリルってなんなのでしょうか? それはズバリ「クロスハンドでハーフショット」です! 読んで字のごとくクロスハンドにクラブを握ってハーフスウィングでボールを打つわけですが、たまにゴルフ雑誌とかでも見かけるこのドリル、一体どんな効果があるのでしょうか?

このドリルの目的は「上体の起き上がりを解消」。クロスハンドで握ってショットをすると少しでも左肩が起き上がったらトップしたり、ひどい場合には空振りしちゃうこともあるらしい。前傾角度や左サイドが起き上がっていないかということが簡単にチェックできる練習法ということなんです。

以前に記事で読んだことがあるのですが、渋野プロも青木プロに習い始めた頃はインパクトでの上体の伸び上がりがあったようで、それを矯正する為に頭を押さえてもらってボールを打ったりしていたようです。このクロスハンドドリルもその矯正のための練習法のひとつなんでしょうね。僕もインパクトで上体が起き上がってしまう癖があるので、このドリルにはとても興味があります。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 20:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事