ここから本文です

ソフトバンク明石が交代固辞 また自打球も「走れるし」激走

9/10(火) 12:11配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-11ロッテ(9日・ヤフオクドーム)

 8番二塁で7試合ぶりに先発出場した明石が、またも災難に見舞われた。

【データ】ソフトバンク明石の今季成績

 8回2死、3球目のファウルが右足甲を直撃。痛みに表情をゆがめたが、6球目を右前に運んだ。工藤監督が代走を送るジェスチャーをしたものの「走れるし、大丈夫」と“固辞”。続く甲斐の左翼線二塁打で足を気にしながらも本塁まで激走して生還した。1日の西武戦でも右膝付近に自打球を当てていただけに「同じ右脚に2度も当てますかね」と苦笑した。

西日本スポーツ

最終更新:9/10(火) 13:24
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事