ここから本文です

サバ缶×トマト×チーズを使った包まない餃子のレシピ

9/10(火) 18:40配信

magacol

去年の大ブームから、いまなお大人気の食材「サバ缶」。「栄養たっぷり」「体にいい」と聞くけれど、「実際どう使ったらいいの?」と思っている方も多いようです。実は暑い時季こそサバ缶の出番!料理家のほりえさわこ先生に、夏の疲れに効果的な「サバ缶」を使った餃子のレシピを教えていただきました。「夕飯のあと1品」にもおすすめです。

料理研究家 ほりえさわこ先生

テレビ、雑誌、レシピ本など、幅広く活躍する料理研究家。栄養士の資格も持ち、手軽かつ栄養たっぷりのメニューの提案は、Mart世代のミセスからも人気。104歳から3歳まで9人の家族のための毎日の食事づくりも欠かしません。

食材は食べ合わせが肝心。「サバの水煮+トマト」は?

旬の野菜、トマトとサバ水煮缶は好相性。トマトに含まれているビタミンB2やクエン酸、カリウムは、食べたものの消化吸収を助け、疲労回復&食欲アップに役立ちます。

ボリュームもある包まない餃子「サバトマトの重ね餃子」のレシピ

サバ水煮と豚ひき肉をオイスターソースで味つけ。これだけでご飯が進みそうですが、トマトとチーズが加わりイタリアン風味も感じます。

【材料(2人分)】

・サバ水煮缶…1缶
・トマト…1個
・豚ひき肉…200g
・長ねぎみじん切り…大さじ2
・酒(あれば紹興酒)…大さじ1
・オイスターソース…大さじ1/2
・片栗粉…大さじ1
・餃子の皮…1袋(25枚)
・ごま油…大さじ1
・ピザ用チーズ…50g

【つくり方】

1.トマトを半月に切る。
2.豚ひき肉に酒、オイスターソース、片栗粉、長ねぎみじん切り、サバを缶汁ごと入れてもみ込む。
3.餃子の皮を細切りにし、ごま油で和える。
4.フライパンに3を広げ、その上に2を平らにのばす。上にトマトを並べ、ピザ用チーズをのせる。
5.フタをし、中火で10分餃子の皮がカリッとするまで焼く。
6.器に盛り、お好みで酢じょうゆ(分量外)を添える。

【つくるときのポイント】

合わせた具材を、刻んだ餃子の皮の上に手でまんべんなく広げます。

撮影/鮫島亜希子 取材・文・スタイリング/新里陽子 構成/タカノマイ(Mart編集部)

Mart2019年9月号
料理家・ほりえさわこ先生に聞く 夏バテ解消は「サバ缶」で!より

最終更新:9/10(火) 18:40
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事