ここから本文です

介護の仕方で注意受け…22歳介護士の女 老人ホームで担当の男性入所者をナイフで切り付ける

9/10(火) 19:32配信

東海テレビ

 9日夕方、愛知県蒲郡市の老人ホームで、介護士の22歳の女が入所者の男性を果物ナイフで切り付け、ケガをさせたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは愛知県幸田町の介護士・三輪有紀奈容疑者(22)です。

 9日午後5時半ごろ、愛知県蒲郡市内の老人ホームで、担当していた入所者の66歳の男性の左のももなどを果物ナイフで切りつけケガをさせた傷害の疑いが持たれています。

 男性(66)は全治2週間の軽傷です。

 警察によりますと、三輪容疑者は男性から介護の仕方について注意を受けたことに腹を立て、施設内の台所にあった果物ナイフで犯行に及んだということです。

 調べに対し、三輪容疑者は容疑を認め、「介護のやり方について以前から文句を言われていた」と供述しています。

 三輪容疑者は介護中に男性から暴行も受けたこともあったということで、警察は詳しい経緯を調べています。

東海テレビ

最終更新:9/10(火) 19:32
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事