ここから本文です

ビットコインのマイニング装置、新製品が発表:仮想通貨採掘大手の中国企業ビットメイン

9/10(火) 18:13配信

CoinDesk Japan

仮想通貨マイニング分野の大手ビットメイン(Bitmain)は、同社のビットコインマイニング装置 「Antminer」 シリーズで2つの新モデルを発表し、その内の1つは同社比でこれまで最もマイニングパワーが強い。

2019年9月6日(現地時間)に発表された「Antminer S17e」のハッシュ率(マイニングパワー)は、64テラヘルツ(TH)/秒で、電力効率は45ジュール(J)/THである。

この数値は、現在販売されている最も強力なモデルと比べても遜色がない。同社ウェブサイトによると、その既存製品はS17と呼ばれ、性能は53TH/秒で、通常電力モードでの電力効率は45J/THだ。

もう一方の新製品は廉価版であるT17eだ。ハッシュ率は53TH/秒で、電力効率は55J/THである。これは、すでに販売中のハッシュ率53TH/秒(電力効率45J/TH)のS17モデルと同等のハッシュ率を低電力効率にて提供するものだが、より低い価格帯となる。

「いずれの新モデルも、長期に、より安定した稼働を前提に設計されており、顧客の維持費削減につながります。これは、熱放散を効率化するデュアルチューブ熱放散技術によって実現しました」と、同社は発表している。

また、「悪意ある攻撃」を防ぐために、以前よりも「より堅牢」と言われる新ソフトウェアが搭載されている。

新モデルは、2019年9月9日から9月11日(現地時間)に3回にわたって販売され、11月中に出荷される予定だ。

中国に拠点を置く同社はまた、「e」モデルの納品に遅延が生じた場合、マイニング・プールのPPS報酬(電気代控除後)に基づいたクーポンで顧客に補償すると述べている。

翻訳:新井朝子 | 編集:T. Minamoto | 写真:S17e miner image via Bitmain | 原文:Bitmain Ramps Up Power and Efficiency With New Bitcoin Mining Machine

CoinDesk Japan 編集部

最終更新:9/10(火) 18:13
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事