ここから本文です

水道水で問題ない? 車のウィンドウォッシャー液の代わりに代用できるものとは

9/10(火) 7:10配信

くるまのニュース

水道水や手作りウォッシャー液、使用することでの問題は?

 クルマの窓に付いた虫や汚れなどを落とすときに、役立つウォッシャー液。一般的なクルマでは、エンジンルーム内にあるタンクに貯蔵されていますが、無くなった場合は水道水などで代用しても問題はないのでしょうか。

クルマのケアどうする? ヘッドライトの黄ばみやホイール汚れの対策などを画像で見る

 ウォッシャー液とは、クルマのフロントガラスなどの汚れを落とすための液体です。汚れが落ちやすくなる成分が入っており、ガラス面に噴出してワイパーで汚れを落とすことで視界を良くします。

 また、ワイパーを作動させた際にウォッシャー液を使用することでガラス面を傷つけない効果や、冬場のガラスに付いた霜を溶かして取り除くという働きもします。

 使用していくとウォッシャー液は切れしますが、昔からウォッシャー液が無くなった場合、水道水で代用するという手段を見受けられます。また、インターネットなどでは「自作のウォッシャー液」を使用しているケースもありますが問題はないのでしょうか。

 インターネットで「ウォッシャー液 自作」などで検索すると、自作のウォッシャー液のレシピが出てきます。細かな配合は違うものの、大まかに水やエタノールに台所用洗剤を入れることで自作のウォッシャー液は完成するようです。

 市販のウォッシャー液は、界面活性剤とエタノールから作られているものが多いですが、専用ではないものを使用して、クルマに不具合は起きないのか心配になります。

 カー用品店「オートバックス」を運営する株式会社オートバックスセブンの広報部は、次のように話します。

――ウォッシャー液の代わりに水道水を使用するという場合はどうでしょうか。

 水道水や自作ウォッシャー液の使用は、おすすめは出来ません。自動車専用ではないものを使用することで、目詰まりやウォッシャー液を通す管などに影響を及ぼす可能性があります。

 また、水道水にはカルキなど含まれており、それらの成分が目詰まりする可能性もありますが、ウォッシャー液を補充する際には、専用のウォッシャー液を使用してください。

――市販のウォッシャー液を購入する際に、選ぶうえでのポイントはありますか。

 ウォッシャー液には撥水性能があるものや、ガラスに付いた虫が落ちやすいものなど、さまざまな仕様があります。

 そのため、自身の用途に合わせたウォッシャー液を選ぶと良いです。また、寒冷地に住んでいる場合は、ウォッシャー液が凍らないよう、凝固点が低い寒冷地仕様のタイプを選んでください。

1/2ページ

最終更新:9/10(火) 12:29
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事