ここから本文です

サッリがドグラス・コスタのユナイテッド移籍に待った! 選手代理人が明かす

9/10(火) 10:30配信

超WORLDサッカー!

今シーズンからユベントスを率いるマウリツィオ・サッリ監督がブラジル代表MFドグラス・コスタ(28)のマンチェスター・ユナイテッド移籍に待ったをかけたことが判明した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

2017年夏にバイエルンから加入したドグラス・コスタ。だが、昨シーズンは故障の影響でわずかセリエA7試合の出場にとどまるなど、1年を通してコンスタントな活躍ができなかった。

だが、サッリ新体制発足の今シーズンはここまでセリエA開幕から2試合連続でスタメン出場。移籍の憶測もまことしやかに取り沙汰されたが、新体制下でプレータイムを確保している。

そのドグラス・コスタの代理人を務めるジョバンニ・ブランキーニ氏によれば、今夏の移籍市場でユナイテッドが獲得に興味を示した模様。それが実現しなかった背景をこう述べたという。

「(前任のマッシミリアーノ・)アッレグリも、サッリも彼を手放す気がなかったことを心から言うことができる。マンチェスター・ユナイテッドの関心は強く、常に興味を示すクラブだった。彼らが唯一のクラブだったわけじゃないが、イングランドにおいて最も活発的なクラブだったよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:9/10(火) 10:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事