ここから本文です

「安室奈美恵の日」認定ならず 観光協会「認識不足」

9/10(火) 18:40配信

沖縄タイムス

 【宜野湾】宜野湾市観光振興協会は10日、平成を代表するアーティストで県出身の安室奈美恵さんが引退した9月16日を「安室奈美恵の日」に認定・登録できなかったと発表した。日本記念日協会から10日、連絡があった。

【画像】9月16日から安室さんの特別消印登場!

 宜野湾市観光振興協会は「申請するに当たり、当方の認識不足による諸課題に直面した」と説明。再申請する予定は現時点でないという。

 ホームページでは「安室奈美恵さんご本人、ファンの皆さま、日本記念日協会様、関係各位には多大なるご迷惑をお掛け致しました」と謝罪した上で、「引退された安室奈美恵さんの沖縄に対する想いを少しずつでも実現できるよう取り組んでまいります」と説明している。日本記念日協会への問い合わせは遠慮してほしいと呼び掛けた。

 宜野湾市観光振興協会は宜野湾市、日本郵便沖縄支社とつくる「ぎのわんハート♥プロジェクト」として、宜野湾市海浜公園内の屋外劇場に16日限定で記念ポストを設置し、投函とうかんされた郵便物に安室さんをデザインしたハート形の特別消印を押して配達するイベントを企画している。プロジェクトは予定通り実施する。

最終更新:9/11(水) 12:25
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事