ここから本文です

前田健太、救援で9勝目 快投&MLB1位13犠打で同僚絶賛「本当に素晴らしい」

9/10(火) 7:30配信

Full-Count

4回1失点6奪三振の快投、ドジャースの地区7連覇へのマジックは「2」に

■ドジャース 5-0 ジャイアンツ(日本時間9日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は8日(日本時間9日)、本拠地ジャイアンツ戦に2番手で登板し、4回1安打無失点6奪三振の快投で9勝目(8敗)を挙げた。3回からの4イニングをほぼ完璧に抑える快投。打撃では2つのバントを決め、ナ・リーグ単独トップの今季13犠打とした。ドジャースは5-0で快勝し、地区7連覇へのマジックは「2」に。ドジャースの選手たちは、その仕事ぶりを絶賛している。

【画像】前田健太と同席の早穂夫人は和服姿、一方で同僚のピーダーソンのジャケットには「これはあかん」…チャリティーイベントの実際の写真

 前田は3回からマウンドへ。ドジャースの左腕ウリアスは3回45球での降板を目処に先発したが、2イニングで43球に到達したため、降板となった。後を継いだ前田は3回を3者凡退に抑えると、その裏にはきっちり犠打を決めたが、得点にはつながらず。4回は再び3者凡退。その裏にビーティが先制2ランを放った。

 リードをもらった後も快投を続けた前田は、5回1死一塁で2度目のバント成功。今季13犠打目とし、カーショー、柳賢振、グレイ(12犠打)を抜いてリーグ単独トップに浮上した。その後、ドジャースはシーガーが3ラン。前田は6回も無失点に抑えて降板すると、ドジャースはそのまま快勝した。

 無失点リレーを見せた投手陣について、シーガーは試合後のヒーローインタビューで「彼らは本当に良い投球をしていたね。最初から打者に対して攻めの投球をしていたし、終始弱い打球に打ち取っていた。彼らは本当に素晴らしいよ」と絶賛。さらに、マスクを被ったマーティンは、前田の投球について「彼はより攻め気になっていたし、2ストライクに追い込んでからスライダーにそこまで頼っていないようだったね」と振り返っている。

 今季防御率は4.07となった前田。今季もポストシーズンではリリーバーとしてのフル稼働が期待されるが、早速、ハイパフォーマンスでチームの勝利に貢献している。

Full-Count編集部

最終更新:9/10(火) 7:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事