ここから本文です

手違いで入金された1300万円、夫婦で使い果たしちゃった 米

9/10(火) 10:26配信

CNN.co.jp

(CNN) 米ペンシルベニア州に住む夫婦が、自分たちの銀行口座に手違いで入金された12万ドル(約1300万円)を、銀行に連絡することなくほぼ使い果たしてしまったとして窃盗の罪に問われている。

【映像】容疑者夫妻の自宅にある車

警察の調べによると、窃盗の罪に問われているのはロバート・ウィリアムズ容疑者と妻のティファニー・ウィリアムズ容疑者。銀行からは、残高を超す現金の引き出しに伴う手数料およそ10万7000ドルを請求されている。

ティファニー容疑者は調べに対し、入金された現金はスポーツ用多目的車(SUV)1台とキャンピングカー1台、四輪駆動車2台、トレーラー1台などの購入に充てたと供述している。

手違いが起きたのは5月31日。ジョージア州の預金者がBB&T銀行に12万ドルを預け入れた際に、同行の窓口係が誤った口座番号を入力した。預金者から銀行への問い合わせで事態が発覚し、捜査当局が調べた結果、ウィリアムズ夫妻の共同名義の口座に現金が振り込まれていたことが分かった。

銀行は6月21日、電話でティファニー容疑者に接触した。しかしこの時点で同容疑者は、「代金の清算に使ってしまったので、お金はもう残っていない」と説明。振り込まれた現金は車の代金や修理代に充てたほか、お金に困っていた複数の友人に1万5000ドルを渡したと主張しているという。

ティファニー容疑者は銀行に対し、使った金の返済に努めると約束したが、この日以降、銀行が夫婦と連絡を取ることはできなくなった。

両容疑者とも、振り込まれた現金が自分たちのものでないことは分かっていたと供述している。

CNN系列局WNEPの報道によれば、2人は2万5000ドル(約270万円)の保釈金を払って保釈された。

最終更新:9/10(火) 12:37
CNN.co.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事