ここから本文です

シティ:7-9月期トレーディング収入は前年比減少の公算大

9/10(火) 6:12配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米銀シティグループは9日、8月に顕著だったボラティリティー(変動性)にトレーダーが苦しんだため、7-9月(第3四半期)の債券・株式トレーディング収入は前年同期比でおそらく減少するとの見通しを示した。

マーク・ メイソン最高財務責任者(CFO)は投資家会合で、7-9月期の投資銀行収入も市場が全般的に縮小したことから、前年同期比減となる可能性が高いと述べた。7-9月期の市場ボラティリティーは米中貿易戦争やアルゼンチンの政治、英国の欧州連合(EU)離脱計画により押し上げられている。

メイソンCFOは、「状況は上期以来、改善しているものの、債券・株式トレーディングについては、市場に見られたボラティリティーの幾つかを考慮すれば前年比で若干下回る可能性が高いだろう」と語った。

シティーの9日の株価終値は4.3%高。米国債利回り上昇で銀行株が上昇した。

原題:Citi Warns Trading Revenue to Fall Amid Third-Quarter Volatility(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Jennifer Surane

最終更新:9/10(火) 6:12
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事