ここから本文です

【K-1】西京佑馬、フィジカル向上で初防衛に自信「レオナ選手に勝てばもう敵はいない」

9/11(水) 12:19配信

イーファイト

 9月16日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『K-1 KRUSH FIGHT.105』で、レオナ・ぺタス(27=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)を迎えて初防衛戦を行う、K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者・西京佑馬(18=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)のコメントが主催者を通じて届いた。

【フォト】西京が右ストレートで島野からダウンを奪って王座奪取

 西京はK-1甲子園2016の-60kgトーナメントで優勝、今年3月にプロ7戦目でK-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王座を戴冠した。対戦相手のレオナとは、昨年4月にスーパー・フェザー級の一戦で対決しパンチの打ち合いに優ったレオナが勝利を収めている。今回の試合は西京にとっては初防衛戦であり、リベンジマッチである。

 タイトルを高校生の内に獲ると宣言していた西京。「有言実行できて凄いなって声をいただきました」と反響は大きかったようだ。しかし「全然まだまだ満足してなくて、本当にこの先もっとどんどんレベルの高い試合をしていきたいって気持ちがありますね」と自身の目指すところはまだ上である。

 レオナはハードパンチャーかつ冷静な試合運びを武器にスーパー・フェザー級のトップファイターを次々と撃破してきた実力者。過去最強クラスの相手であることは間違いない。西京は「K-1のベルトを獲るぐらいの実力があると思う」と分析する。

 挑戦者がレオナになることは、今年3月に西京が島野浩太朗とのタイトルマッチが組まれた時から想定内であったと語った上で、レオナは「一発もあるしスピードも回転力もあるので、あまり穴が見つからないです。でもレオナ選手に勝てば本当にもう敵はいないのじゃないかなって思うので、しっかり気合いを入れて勝ちたいですね」と強敵と認めた上で勝利したいと語る。

 さらに「レオナ選手はずっとKRUSHでやってきてベルトにも挑戦する実力を持っている選手なので、そういう選手に勝たないと本当のチャンピオンとは言えないのじゃないかなと思います。立場としては僕がチャンピオンですが気持ちとしては挑戦者という気持ちしかないです。その気持ちを忘れずに試合まで準備したいです」と気を引き締める。

 前回レオナと戦った時とは違い「一番はフィジカルが上がりました。年齢やキャリアが上の選手にも負けないパワーで勝負できると思うので、パワーでもスピードでもテクニックでもしっかり勝てるようにしたいです」と実力面でも勝利に自信をのぞかせる。

 6月30日のK-1両国国技館大会では兄の西京春馬が、日本人を次々とKOしているスペインのホルヘ・バレラに勝利して、11月24日の横浜大会での第3代K-1フェザー級王座決定トーナメント出場することが決まった。それを見て、「今回レオナ選手に勝たないと何も始まらないので、しっかり勝った上で、怪我がなければ春馬と2人でK-1横浜大会に出たいですね」と意気込んだ。

■イーファイト選手DATA
・西京佑馬(18=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST):2000年9月21日 神奈川県出身
身長:174cm 構え:右 
プロ戦績:7戦 6勝(2KO) 1敗 0分
タイトル:第8代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者・K-1甲子園2016 -60kg王者

・レオナ・ぺタス(27=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS):1992年4月29日 埼玉県出身
身長:175cm 構え:右 
プロ戦績:30戦 24勝(10KO) 5敗 1分
タイトル:2016年英雄伝説アジア-60kg級トーナメント優勝

最終更新:9/11(水) 12:19
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事