ここから本文です

ムーディーズ「今後12カ月間、韓国企業の信用度は追加で弱まる」

9/11(水) 7:15配信

中央日報日本語版

国際格付け機関のムーディーズが、今後12カ月間、韓国企業の信用等級に否定的な影響があるだろうと10日、展望した。

ムーディーズは「格付けを付与する韓国非金融企業27社の今年上半期の営業実績のほとんどが信用度に否定的」としながら「19社は信用度に否定的で、5社は肯定的、3社は中立的であることが分かった」と説明した。

あわせて「上半期に全般的な産業業界状況が弱まった」とし「メモリー半導体、製油および石油化学産業は需要が振るわない中で業界状況の鈍化が最も目立った」と付け加えた。続いて「貿易葛藤とグローバル成長鈍化による業界状況の弱化、一部企業の大規模な投資計画などを考慮すると、今後12カ月間、韓国企業の信用度は追加で弱まるだろう」と予想した。

最終更新:9/11(水) 7:15
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事